千葉、埼玉、神奈川、山梨、群馬、茨城県、東京の奥多摩町で山林売買物件を購入


「スポンサーリンク」




山林売買∥山林購入∥東京都奥多摩町∥神奈川県∥千葉県∥埼玉県∥山梨県∥茨城県∥群馬県

千葉の田舎暮らし古民家賃貸格安物件近くの九十九里浜 千葉の田舎暮らし古民家賃貸格安物件近くのヒマワリ畑 千葉の田舎暮らし古民家賃貸格安物件にさ咲く花 千葉の田舎暮らし古民家賃貸格安物件近くに咲く山ユリ 千葉の田舎暮らし古民家賃貸格安物件に咲く花 千葉の田舎暮らし古民家賃貸格安物件に咲く花

2020年10月30日金曜日

日本の山林に雑草のごとく繫茂する針葉樹を使い江戸城の復元のために江戸城を再建しよう

日本は観光立国を標榜する以上、首都東京のシンボルともいえる江戸城は、江戸時代の状態に復元しなければいけないと誰もが思っているはずです



以前にこのブログで提唱しました、日本国内の木造建築物は日本国内産の木材を使わなければ建てられなくする法律は、与党にも野党にも全く無視されているようですが、まさか江戸城の再建に外材など使用する事は無いと思いますが、日本国内産の木材の流通を活性化するには、江戸城の復元はかなりのインパクトがあると思います




「スポンサーリンク」



日本が観光先進立国を目指すなら、日本国中に成長しきった針葉樹が雑草のごとく生えている、今がチャンス💚💥❗❗💦👀ではないでしょうか



「スポンサーリンク」


2019年8月17日土曜日

地域森林計画対象民有林の法律を廃止しよう

地域森林計画対象民有林の法律を廃止しよう



地域森林計画対象民有林の法律は日本の森林資源流通促進のひどい😭💔足かせとなっている


また、熊、🐗イノシシ、鹿の生息域を侵害し、熊、🐗イノシシ、鹿が里へ下りてくる原因を作っている

「スポンサーリンク」





森林伐採の後に生えてくる木は雑木で良いではないか⁉


雑木だって、色んな花や実を付けるし、春の山菜取り、秋のキノコ狩りと、我々に大きな楽しみを与えてくれる


熊、🐗イノシシ、鹿たちが里へ下りて来るのは山が荒れている訳ではない

山が針葉樹に覆われ、山に熊、🐗イノシシ、鹿たちの食べ物が実らなくなったので、熊、🐗イノシシ、鹿たちは仕方なく里へ下りてくる


2016年11月26日土曜日

山林売買購入、森林売買購入は日本の水資源の購入と売買である

太陽光発電や風力発電にも利用出来る山林や森林は日本の貴重な水資源でもある

山林売買購入、森林売買購入は、焦らず、ゆっくり。
山林は山林として使用する人に売りましょう。日本の水資源も枯渇状態だと言う。
山林売買購入と太陽光発電。
山林売買購入と風力発電。
田舎暮らしには欠かせないきれいな水を大量に蓄える日本の山林が、水資源として注目されている。
ミネラル養分をたっぷり含んだ日本の山林から湧き出る宝石のようにきれいな水が、ミネラルウォーターに最適らしい。
日本の山林を水資源として購入する外資に負けてはならずと、日本の企業も山林購入に走り出した。

Myサイト山林売買の行方より




千葉県東金市 雄蛇ヶ池

2015年9月17日木曜日

山林売買で購入する山林は竹林付きを

千葉県、神奈川県、山梨県、東京の奥多摩町で山林売買で購入する山林は活用法がいっぱいある竹林(竹やぶ)付きを

千葉県、神奈川県、山梨県、東京の奥多摩町で山林売買で購入した山林を、そのまま利用するにせよ、開墾して畑にするにせよ、雑木林を伐採して炭焼きをするにせよ、購入する山林は竹林(竹やぶ)付きにしたい。
竹林(竹やぶ)は、春には筍が楽しめ、夏は涼しい憩いの場となり、秋から冬は竹炭を焼いたり、副産物の竹酢液を採取できる。
竹林(竹やぶ)の利用方法は他にもいっぱいあるが、何といっても地震や水害に強い事を重要視したい。
山林売買で購入する山林は竹林付きを!
ヨメナ

2015年5月19日火曜日

竹林購入の理由いろいろ 3

竹林購入のさまざまな理由

竹林購入の理由 3
竹林を購入したら竹林の中で炭焼きをしながら竹酢液を採取したい。
そして、採取した竹酢液を竹林内の家庭菜園で有効活用し、オーガニックで無農薬、有機栽培の野菜作りに役立てたい。


2015年5月18日月曜日

竹林購入の理由いろいろ 2

竹林購入のさまざまな理由

竹林購入の理由 2
竹林を購入したら竹林の中で炭焼きをしたい。

竹林購入の理由いろいろ 1

竹林購入のさまざまな理由

竹林購入の理由 1
竹林を購入したら竹林の一部を開墾して家庭菜園をやりたい。

2014年2月12日水曜日

山林購入で訪れる人々

山林売買という文字を見て訪れる人は、山林を造成して住まいを建てようとする人 がほとんどです。
地目が山林であれば、固定資産評価額が1㎡あたり100円以下と安いので、当然、売買価格も安いであろうと思ってか、不動産業者と同じ位の数でエンドユーザーからの問合せも多数来ます。
住まいとしての家を建てたい人は、ちゃんとした宅地を購入してもらいたいものです。
産業廃棄物の捨て場に利用しようとしている、起業家?からの問合せもあります。
監督官庁の許可さえ取れれば、産業廃棄物の捨て場として一儲け出来るかもしれません。
そういった問合せが一巡したころ、必ずと言っていいほど、こちらの期待通りのお客様から、期待通りの問合せが来ます。
「ちょっと、遊び場として使用したいのですが、ホームページに載っている山林を見せてもらえませんか。」と。
心の中で「良かった。」と叫び、心をほっと撫で下ろす一瞬です。
やっと、山林を山林として使用してくれるお客様が来た瞬間に感じる、偽らざる気持ちです。

山林購入は宝の山を購入するのと同じ価値がある

日本の山林購入は宝の山を購入するがごとし 日当たりの良い山林だと、畑とか果樹園にしたいと思うだろう。最近の農業は、戦前の有機農法が蘇りつつある。良い傾向だ。有機農法で栽培された野菜や果物は、形や大きさでは化学肥料and農薬栽培にはかなわないところもあるが、作物の味や栽培コスト、環境面では化学肥料and農薬栽培よりはるかに優っている。また、化学肥料and農薬栽培をやりだすと、次からは毎年化学肥料and農薬栽培でないと良い作物はできないが、有機農法and無農薬栽培で耕作すると、土がだんだん肥えて行き土に地力が付き、肥料の量も次第に少なくて済むようになる。山林売買で購入した山林を開梱して有機農法and無農薬栽培をやる場合は、購入した山林の半分は腐葉土や堆肥作りのための里山として維持すれば、肥料の購入費用も抑えられ、持続可能なエコロジー農業を営む事が出来る。また、山林の地下に眠っている水資源や鉱物資源も見逃せない。山林売買での山林価格は未だ低迷を続けているが、近い将来宝の山として山林売買価格が大輪の花を咲かす事に期待したい。