千葉、埼玉、神奈川、山梨、群馬、茨城県、東京の奥多摩町で山林売買物件を購入

千葉の田舎暮らし山林売買購入格安物件近くの九十九里浜 千葉の田舎暮らし山林売買購入格安物件近くのヒマワリ畑 千葉の田舎暮らし山林売買購入格安物件にさ咲く花 千葉の田舎暮らし山林売買購入格安物件近くに咲く山ユリ 千葉の田舎暮らし山林売買購入格安物件に咲く花 千葉の田舎暮らし山林売買購入格安物件に咲く花

「スポンサードリンク」

 

 

2014年2月12日水曜日

山林購入で訪れる人々

山林売買という文字を見て訪れる人は、山林を造成して住まいを建てようとする人 がほとんどです。
地目が山林であれば、固定資産評価額が1㎡あたり100円以下と安いので、当然、売買価格も安いであろうと思ってか、不動産業者と同じ位の数でエンドユーザーからの問合せも多数来ます。
住まいとしての家を建てたい人は、ちゃんとした宅地を購入してもらいたいものです。
産業廃棄物の捨て場に利用しようとしている、起業家?からの問合せもあります。
監督官庁の許可さえ取れれば、産業廃棄物の捨て場として一儲け出来るかもしれません。
そういった問合せが一巡したころ、必ずと言っていいほど、こちらの期待通りのお客様から、期待通りの問合せが来ます。
「ちょっと、遊び場として使用したいのですが、ホームページに載っている山林を見せてもらえませんか。」と。
心の中で「良かった。」と叫び、心をほっと撫で下ろす一瞬です。
やっと、山林を山林として使用してくれるお客様が来た瞬間に感じる、偽らざる気持ちです。

山林購入は宝の山を購入するのと同じ価値がある

日本の山林購入は宝の山を購入するがごとし 日当たりの良い山林だと、畑とか果樹園にしたいと思うだろう。最近の農業は、戦前の有機農法が蘇りつつある。良い傾向だ。有機農法で栽培された野菜や果物は、形や大きさでは化学肥料and農薬栽培にはかなわないところもあるが、作物の味や栽培コスト、環境面では化学肥料and農薬栽培よりはるかに優っている。また、化学肥料and農薬栽培をやりだすと、次からは毎年化学肥料and農薬栽培でないと良い作物はできないが、有機農法and無農薬栽培で耕作すると、土がだんだん肥えて行き土に地力が付き、肥料の量も次第に少なくて済むようになる。山林売買で購入した山林を開梱して有機農法and無農薬栽培をやる場合は、購入した山林の半分は腐葉土や堆肥作りのための里山として維持すれば、肥料の購入費用も抑えられ、持続可能なエコロジー農業を営む事が出来る。また、山林の地下に眠っている水資源や鉱物資源も見逃せない。山林売買での山林価格は未だ低迷を続けているが、近い将来宝の山として山林売買価格が大輪の花を咲かす事に期待したい。